波力発電ケーソン防波堤の現地実証実験における観測データの解析結果

発行年月 1992年6月 港湾空港技術研究所 報告 031-02-02
執筆者 高橋重雄,安達崇,中田博昭,大根田秀明,加藤久雄,鹿篭雅純
所属 水工部 耐波研究室
要旨  港湾技術研究所では,波エネルギー変換装置の機能を有する波力発電ケーソンの開発を行っている.波力発電ケーソンは,通常の上部斜面ケーソンの前面に空気室と呼ぶ波エネルギー変換装置を持つケーソンであり,防波堤や護岸に用いることができる研究は,1982年より始まり現在では基礎的研究を終了している.
 第一港湾建設局と沿岸開発技術研究センターを代表とする民間企業20社が山形県酒田市で波力発電ケーソン防波堤の現地実証実験を実施している.実験では,長さ20mの波力発電ケーソン1函を設置し,発電運転をするとともに計測を行った.現地実験における観測は1989年度冬期から1991年度冬期まで行われ,入射波パワー,ケーソンの耐波安定性,エネルギー変換性能などの貴重なデータが得られている.本報告は酒田港における実証実験の観測データを詳細に解析し,その結果を報告するものである.
全文 vol031-no02-02.pdf(PDF/2.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る