消波ブロック内蔵双胴型ケーソン堤の模型振動実験と地震応答解析

発行年月 1992年3月 港湾空港技術研究所 報告 031-01-03
執筆者 長田信,上部達生,高野剛光
所属 構造部 地震防災研究室
要旨 大水深域の防波堤として開発が進められている消波ブロック内蔵双胴型ケーソンに作用する動水圧,および消波ブロックの動的拳動を把握するために模型振動実験を実施した.また,このケーソンのように複雑な形状を持つ構造物に作用する動水圧を算定するために,水-構造物連成系の3次元解析プログラム(BEAD3D)を開発し,その適用性を実験結果と比較して検討した.その結果,BEAD3Dの計算結果は一連の実験結果をよく再現しており,複雑な形状の構造物に作用する動水圧を算定できることが示された.また,双胴型ケーソンに作用する動水圧をZangerの式およびWestergaardの式を用いて算定する方法を示した.振動中の消波ブロックはほぼケーソンと一体となって拳動していた.
全文 vol031-no01-03.pdf(PDF/1.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る