地球温暖化による港湾域の排水機場機能への影響

発行年月 1992年3月 港湾空港技術研究所 報告 031-01-02
執筆者 細川恭史,関根好幸
所属 海洋水理部 主任研究官
要旨 近年,二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの増加に起因する地球の温暖化により平均海面水位の上昇・台風の巨大化・降雨パターンの変化等のさまざまな影響は生じると予想されている.河口デルタ地域や運河の発達した地域のような低沿岸域では,高潮時に防潮護岸・防潮堤および防潮水門等により外水域と内水域とを遮断して,高潮による被害を防止しているところが多い.このとき,降雨および汚水等の内水域への流出水は,内水排除計画に基づいて,内水域の湛水能力を越えないようにポンプにより外水域へ排除されている.本報告では,内水排除計画への地球の温暖化による影響を,いくつかのモデル区域を想定し,数値計算を行い比較検討してみた.
全文 vol031-no01-02.pdf(PDF/3.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る