混成防波堤上の越波水の運動と波力に関する実験的研究-親水性港湾構造物に関する水工的研究(第1報)-

発行年月 1992年3月 港湾空港技術研究所 報告 031-01-01
執筆者 高橋重雄,遠藤仁彦,室善一朗
所属 水工部 耐波研究室
要旨  港湾技術研究所では,1990年から親水性の港湾・海岸構造物の研究を開始している.この報告はその第1報であり,研究の第一歩として,混成防波堤上の越波水の運動について検討している.通常の防波堤や護岸でも越波は重要であるが,単に伝達波や越波量として検討されているにすぎない.越波水の運動を解明することは,防波堤上の人間の安全性や,そこに造られる施設の設計上重要である.
 本研究では,水理模型実験に基づき越波水の運動の基本的特性を明らかにし,越波水の運動モデルを構築している.さらに,防波堤天端上の構造物に作用する波力に関する実験も実施し,このモデルを拡張して越波による波力の算定法を示している.なお,天端上の構造物としては,水平天端面,階段斜面,直立壁,柱状構造物を対象としている.
全文 vol031-no01-01.pdf(PDF/3.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る