信頼性理論による防波堤の滑動安定性に関する理論的検討

発行年月 1991年12月 港湾空港技術研究所 報告 030-04-02
執筆者 高山知司,藤井久
所属 水工部 波浪研究室
要旨 防波堤の滑動には,沖波の出現確率分布や波浪変形計算,波力の算定誤差および摩擦係数のばらつきなどのように予め予測することができない多くの不確定な要素が含まれている.このような不確定な要素を確率的に取り扱って,防波堤の滑動安定性を検討する手法を提案した.滑動安定性の検討には信頼性理論を適用し,沖波や波浪変形,波力,摩擦係数の推定誤差が正規分布すると仮定して,防波堤の滑動確率や耐用年数間における滑動遭遇確率を算定した.高潮や潮位による水位の確率も重要な要素となるので,これらについても考慮している.海底匂配や防波堤の設置水深,潮位差による滑動遭遇確率の変化特性を調べた.その結果,設置水深が浅い場合,海底匂配によって滑動遭遇確率は異なり,また,潮位差が大きい場合が小さい場合より滑動遭遇確率は低くなることがわかった.
全文 vol030-no04-02.pdf(PDF/2.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る