直立消波ケーソンの部材波力特性と耐波設計法

発行年月 1991年12月 港湾空港技術研究所 報告 030-04-01
執筆者 高橋重雄,下迫健一郎,佐々木均
所属 水工部 耐波研究室
要旨  直立消波ケーソンの各部材に作用する波力に関する水理模型実験を行い,各部材に作用する波力の特性を明らかにするとともに,ケーソン全体の安定性の検討と部材設計の両方に適用できる新しい波力算定法を提案した.
 新しい算定法では設計に考慮すべき位相として3つの相位を定義し,各位相における部材ごとの波力を明らかにした.すなわち,スリット部に作用する波力がピークとなる押し波時Ⅰ,遊水室後壁に作用する衝撃的波力がピークとなる押し波時Ⅱa,ややゆるやかな波力がピークとなる押し波時Ⅱbにおける各部材に作用する波力である.
 今回の算定法はマウンドが高い場合や遊水室下部に不透過壁ある場合など,広い範囲に適用できる.
 直立消波ケーソンは,通常のケーソンに比べて作用する波力が全体的に小さく,耐波安定性の面からも有利な構造であることが確かめられた.
全文 vol030-no04-01.pdf(PDF/2.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る