水中施工管理用小型計測機の開発

発行年月 1991年9月 港湾空港技術研究所 報告 030-03-03
執筆者 石塚浩次,根本孝志
所属 機械技術部 計測施工研究室
要旨  防波堤基礎マウンド等の水中の施工管理は,施工条件の厳しさの増大,また潜水士の減少,老令化のため従来の計測方法の改善が求められている.そのため,水中距離,水深を測定する小型計測機を開発し,室内実験及び実海域実験により測定性能,精度を明らかにした.
 計測機は,2本で構成された各々の設置点の設置点の水深及び2点間の距離,水深差を測定する.
 水中距離及び水深の測定は,高精度な超音波センサー,圧力センサーを用いており,各測定データは計測機本体での表示,記憶及び陸上コンピュータ等への出力が行える.また,各々の計測機は,全長=1.4~1.7m,水中重力=5kgと潜水士の可搬可能な小型なものである.
 室内実験においては,主に距離及び水深の測定精度,また実海域実験においては実防波堤基礎マウンド上での測定性能,精度を明らかにしている.また,実海域における計測機の操作性については,実験に携わった潜水士の意見を取りまとめ,基本的に本計測機に実工事での有効性を明らかにした.
全文 vol030-no03-03.pdf(PDF/1.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る