港湾コンクリート構造物の補修方法としての電着工法の適用性

発行年月 1991年9月 港湾空港技術研究所 報告 030-03-02
執筆者 阿部正美,福手勤,横田優,佐々木晴敏
所属 構造部 材料研究室
要旨  電着技術によるコンクリート構造物への補修効果や適用性を検討するために実構造物試験と室内試験を実施した.
 試験結果等より得られた主な点は以下の通りである.
1)コンクリート表面には1~2mm程度の電着物が認められ,ひびわれ部へは優先的に電着物が充填された.
2)電着工法を行うことにより,コンクリートの透水性は1/40程度(通電5ヶ月)に低下し,水蜜性の向上が認められた.
3)コンクリート中の塩化物イオン量の減少が認められた.
4)通電によるコンクリート中の鉄筋の付着強度は通電適用範囲内の電流密度(0.5~0.75A/m2程度)では,付着強度の低下は見られなかった.
全文 vol030-no03-02.pdf(PDF/4.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る