沖積粘土地盤に対する定率ひずみ圧密試験の適用性

発行年月 1991年9月 港湾空港技術研究所 報告 030-03-01
執筆者 水上純一,小林正樹,小泉和広
所属 土質部 土性研究室
要旨  定率ひずみ圧密試験は,連続載荷方式の圧密試験の一種である.この試験法は,連続載荷方式であるために,階段載荷の標準圧密試験法と比べて,いくつかの利点を持っている.
 まず第一に,連続的な応力-ひずみ曲線が得られることであり,圧密降伏後に大きな圧縮性を示す試料に対して適している.第二番目は,短期間で試験が終了する急速圧密試験であることである.第三番目は,試験の自動化が容易なことである.一方,定率ひずみ圧密試験から得られる圧密降伏応力は,標準圧密試験から得られるものよりも大きくなることが知られている.これは,ひずみ速度による時間効果に起因している.
 本研究では,ひずみ速度による影響を調べるために,二種類の再圧密試料に対して定率ひずみ圧密試験を実施した.その結果を基にして,応力緩和を用いた簡便な圧密降伏応力の補正法を提案している.また,三種類の不攪乱沖積粘土に対して定率ひずみ圧密試験と標準圧密試験を実施し,その補正法を適用している.
 主要な結論は以下のとおりである.
(1)圧密降伏応力比と,ひずみ速度の対数の間には直線関係が認められる.
(2)本研究で提案した補正法を用いると,定率ひずみ圧密試験から得られる圧密降伏応力は,標準圧密試験から得られる圧密降伏応力とほぼ同じ値になる.
全文 vol030-no03-01.pdf(PDF/1.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る