ねじりを受ける長大ケーソンの力学特性

発行年月 1991年6月 港湾空港技術研究所 報告 030-02-11
執筆者 清宮理,山田昌郎
所属 構造部 構造強度研究室
要旨 防波堤ケーソンなど港湾構造物の大型化,長大化に伴い,曳船中などの施工時,あるいは,基礎地盤の不等沈下,不陸などにより,設置後に構造物がねじりを受けることが考えられる.本研究では,長さ100mの長大な防波堤ケーソンを想定して,ねじりの検討を行った.このケーソンは,上部が構造物に開放されている開断面であり,鉄筋コンクリートあるいはハイブリッド部材で製作される.ねじりを受ける長大ケーソンの耐荷力,ひびわれ性状,変形能力などの力学特性を,3体の模型を対象に静的載荷試験により把握した.また,St.Venantねじりと反りねじりを考慮して,開断面のケーソンのねじりと回転角の関係を理論的に求め,実験結果と比較検討し,理論式の適用性について調べた.
全文 vol030-no02-11.pdf(PDF/2.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る