盛土の地震被災事例に基づく円形すべり安定解析手法の検討

発行年月 1991年6月 港湾空港技術研究所 報告 030-02-10
執筆者 上部達生,長田信
所属 構造部 地震防災研究室
要旨 関東地震から1983年日本海中部地震までの過去の大地震による盛土等の被災事例を734事例収集した.これらの事例の約半分が被災パターン1(法面の崩壊等が法肩に限られるもの)であり,被災程度Ⅰ(軽微な被害の程度)の事例が全事例の半分強であった.これらの被災事例から,円形すべり面法による安定解析のためのデータの整っている53事例(内無被災事例は4事例)を選定した.次に,被災地点の地盤応答解析を実施して,各地点の地盤加速度と基礎地盤の過剰間隙水圧を推定し,円形すべり面法による安定解析を実施した.この解析結果により,震度と過剰間隙水圧を考慮した円形すべり面法の安定計算により,飽和砂地盤上の盛土等の耐震性を検討できることが確認された.
全文 vol030-no02-10.pdf(PDF/2.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る