液状化による矢板岸壁の変形の数値解析

発行年月 1991年6月 港湾空港技術研究所 報告 030-02-09
執筆者 井合進,亀岡知弘
所属 構造部 地盤震動研究室
要旨  1983年,秋田県沖に震源を持つ,マグニチュード7.7の日本海中部地震が発生した.この地震で,秋田港は裏込め砂の液状化により過去に例を見ない被害を受けた.
 本研究では,これら被害の調査および試験結果をものに2次元有効応力解析を実施し,有効応力解析手法の適用性の検証を行ったものである.この解析に用いたモデルとして,応力-歪の関係は,任意方向せん断面の双曲線モデルを,過剰間隙水圧については,塑性せん断仕事およびせん断応力の関数として与える物を用いた.なお,解析断面として,大浜2号岸壁(被災)および大浜1号岸壁(無被災)と取り上げた.
 被災断面および無被災断面について有効応力解析を実施した結果,実際の現象に整合性のある結果が得られた.特に,被災した矢板岸壁に変形の機構は,液状化に伴う応力の解放によって発生するものであって,簡便な手法として一般に用いられる滑り面を仮定した機構とは全く異なることがわかった.
全文 vol030-no02-09.pdf(PDF/1.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る