サンドドレーンの効果に関する有限要素解析

発行年月 1991年6月 港湾空港技術研究所 報告 030-02-06
執筆者 小林正樹
所属 土質部 土性研究室
要旨  サンドドレーン工法は,軟弱粘性土地盤に対する地盤改良工法として幅広く用いられてきている.この工法の効果に関して,我が国における高速道路建設における試験盛土が興味深い結果を与えている.試験盛土の結果によると,サンドドレーンには沈下促進効果がほとんど認められなかった.
 通常の圧密理論によれば,サンドドレーンにより沈下が促進されるはずである.このような理論と実際の相違は,通常の理論が土を弾性体と考え,一次元解析を行っているのが大きな原因と考えられる.通常の圧密理論の欠点を補うものとして,弾・粘塑性理論を用いた多次元圧密解析を行い,サンドドレーン工法の沈下促進効果に関して検討を行った.この結果によれば,理論的にも,サンドドレーンにはあまり沈下促進効果が期待できないことが分かった.
全文 vol030-no02-06.pdf(PDF/1.6MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る