プラスティックボードドレーンで改良された不均一地盤の沈下特性

発行年月 1991年6月 港湾空港技術研究所 報告 030-02-04
執筆者 田中洋行,太田一己,丸山隆英
所属 土質部 地盤調査研究室
要旨  本報告は,東京国際空港沖合展開工事で実施されたプラスティックボードドレーンによる改良工事で得られた沈下データをもとに,軟弱な粘性土で埋め立てられた不均一地盤の沈下特性について述べたものである.解析は一次圧密の沈下速度と,二次圧密によって生じる沈下について重点的に実施した.
 主要な結論は次の通りである.
1沈下から逆算された圧密速度はドレーンピッチによって影響されるが,その原因として対象土層に含まれる砂層の存在が考えられる.
2今回のドレーン長の最大は17mであるが,この範囲内ではウェルレジスタンスによる圧密の遅れは観測されなかった.
3二次圧密による沈下速度は一次圧密沈下量に比例する.この関係を用いれば不均一地盤の二次圧密沈下を精度よく推定できる.
全文 vol030-no02-04.pdf(PDF/1.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る