離散渦法による構造物周りの流れシミュレーション

発行年月 1991年6月 港湾空港技術研究所 報告 030-02-03
執筆者 細川恭史,古川恵太
所属 海洋水理部 主任研究官
要旨  本研究では,モデル化された直線状の構造物に対して水理実験を行い,渦の存在する後流の特性を観察すると共に,数値モデルにより剥離渦を伴う流れの変化を予測する計算法の開発を目的として行ったものである.また,本計算法の応用例として,振動流中に置かれたハの字型造流堤の造流機構を検討した.
 本論文で得られた主な結論を列拳する.1流れに対して傾きを持った直線状の構造物の背後には,Maueの渦列が現れ,ストローク数は0.15~0.19となった.2本計算法に現れる4つのパラメータを,レイノルズ数の関数として一般化した.3本計算法により,ハの字型造流堤の造流効果の最適値は,作用する振動流の周期と造流堤の配置角により決定されることを示した.
全文 vol030-no02-03.pdf(PDF/2.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る