避泊フェリーの係留張力と振れ回り運動に関する検討

発行年月 1991年6月 港湾空港技術研究所 報告 030-02-02
執筆者 平石哲也,本城智
所属 水工部 波浪研究室
要旨 沖縄県地方においては,生活物資の多くが直接日本本土より海上輸送されており,定期航路の果たす役割は重要である.一方,沖縄県地方は,台風の来襲する頻度が高く,台風来襲時には,定期航路を走る大型フェリーは鹿児島方面へ避難し,長期にわたって欠航する場合がある.そこで,運航の定時性を確保するためには,沖縄県内の港湾において,フェリーを避泊する必要がある.本研究では,大型フェリーの港内避泊方式として,フェリーが所有するチェーンで直接海底から係留する錨泊と,避泊ブイを用いてナイロン製ホーサーによって船首を単点係留するブイ泊を対象とした.そして,避泊フェリーの振り回し運動および係留力の特性を,模型実験と数値計算によって明らかにした.さらに,フェリーの避泊可能性について検討した.その結果,避泊方式としてはブイ泊が適当であることを示した.
全文 vol030-no02-02.pdf(PDF/6.6MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る