現地データによる砕波帯内の岸沖漂砂量と流速特性の検討

発行年月 1991年6月 港湾空港技術研究所 報告 030-02-01
執筆者 栗山善昭
所属 水工部 漂砂研究室
要旨  長さ427mの波崎海洋研究施設(HORF)において約2週間の現地観測を4回行った.沿岸流速,岸沖流速ならびに水面変動を,1地点あるいは2地点で2時間に1回,20分測定し,砕波位置,砕波形式,砕波率,離岸流の位置を1日数回,観察した.施設に沿った断面は,1日1回,レッドなどを使って5m間隔で測定した.
 3つの底質移動形態を仮定し,それぞれの岸沖漂砂量を評価することによって,流速特性値と岸沖漂砂量との関係を検討した.さらに,岸沖漂砂量と関係の強い時間平均の岸沖方向流速,波の主方向の振動流成分,ならびに流速波形の前後の非対称性を水面変動特性との関係で調べた.
全文 vol030-no02-01.pdf(PDF/2.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る