捨石による基礎マウンドの形状および力学特性に関する考察

発行年月 1991年3月 港湾空港技術研究所 報告 030-01-10
執筆者 口田登,辻垣武彦,森田博史
所属 計画設計基準部 設計基準研究室
要旨  捨石および捨石マウンドのもつ基本的な特性の未解明な部分を,統計幾何学的および統計力学的な手法を用いることによって考察した.その結果,以下の事項が明らかとなった.
(1)捨石のための新しい3種類の形状表示法を提案し,それぞれの計算結果をフラクタル次元に変換して比較したところ,捨石の形状特性はいずれの表示法を用いても,ほぼ一致した結果が得られることがわかった.
(2)捨石マウンド表面の不陸の統計的な性質をスペクトル解析によって検討したところ,施工分類(均し無,機械あるいは荒均し,本均し)に応じた表面形状のフラクタル次元を設定できることがわかった.
(3)捨石マウンドの力学的挙動の基本的なメカニズムを体系的に検討するため,新しい統計力学モデルを提案し,マウンドの初期状態~圧縮過程~破壊状態という一連の流れのメカニズムを考察した.
全文 vol030-no01-10.pdf(PDF/2.6MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る