大変形する単杭構造による接岸ドルフィンの残留変位と累積疲労損傷度

発行年月 1991年3月 港湾空港技術研究所 報告 030-01-08
執筆者 上田茂,白石悟
所属 構造部 海洋構造研究室
要旨  従来,シーバースの接岸ドルフィンは,船舶の接岸エネルギーを主として防舷材によって吸収するように設計されている.これに対して,単杭構造(Single Pile Structure;SPS)は,高張力鋼を用いた単杭構造物で,杭自身が大変形することによって,接岸エネルギーを吸収する.
 SPSの設計に当っては,大変形する杭の変位復元力特性の解明,繰り返し荷重による残留変位の推定および疲労に対する安全性の検討などが主要な課題である.本研究では,現地実大水平載荷実験および模型杭繰り返し水平載荷実験で得られたSPSの変位復元力特性に基づき,接岸ドルフィンに耐用年数内で作用する接岸時および係留時の荷重に対してSPSの残留変位および累積疲労損傷度を計算した.
全文 vol030-no01-08.pdf(PDF/3.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る