空港コンクリート舗装の不同沈下管理に関する考察

発行年月 1991年3月 港湾空港技術研究所 報告 030-01-07
執筆者 八谷好高,横田弘
所属 土質部 滑走路研究室
要旨 本研究は,軟弱地盤上に空港コンクリート舗装を建設して運用していく場合のシステムについて考慮したものである.不同沈下が予想される軟弱地盤上に建設される空港コンクリート舗装では,地盤の不同沈下により舗装建設後の維持・補修工事の多くなることが予想される.このような地盤の不同沈下がコンクリート舗装に与える影響として,表面勾配の基準からの逸脱,コンクリート版と路盤の間に空隙が生じることによる舗装の破損の二つの点を考え,東京国際空港沖合展開事業第二期工事地区を例にとって,軟弱地盤上の空港コンクリート舗装の不同沈下管理について検討している.
全文 vol030-no01-07.pdf(PDF/1.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る