現地データによる移動床模型実験の検証-河原子海岸におけるケース・スタディー-

発行年月 1991年3月 港湾空港技術研究所 報告 030-01-05
執筆者 加藤一正,井上浩司,柳嶋慎一
所属 水工部 漂砂研究室
要旨  移動床模型実験で予測した海浜変形が実際に現地で生じているかどうかの確認と移動床模型実験の精度・限界を調べるために,河原子海岸を例にとり,現地データ用いて,移動床模型実験の追跡調査を行った.
 本研究で得られた主要な結論は以下のようである.
1)事前に収集された現地データの質・精度が実験による予測精度に反映される.2)実験で予測された地形変化を現地に適用する際には,実験結果を控えめに解釈する必要がある.3)実験では,必ずしも十分施工過程を検討できないため,河原子海岸のように現地施工と並行して海浜の変形過程をモニターし,状況を常に把握しつつ計画の変更・修正を行う必要がある.4)実験では,急性海岸侵食に対する地形変化は予測されていないため,別途考慮する必要がある.5)河原子海岸の事例が示すように,構造物の施工と並行して,周辺海浜の変化を監視することがきわめて大切である.
全文 vol030-no01-05.pdf(PDF/2.6MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る