波の連なりを考慮した長周期波の波高の推定-波崎海洋研究施設における現地観測にもとづく検討-

発行年月 1991年3月 港湾空港技術研究所 報告 030-01-04
執筆者 加藤一正,中村聡志,池田直太
所属 水工部 漂砂研究室
要旨  波の連なりから前浜地形変化を予測するモデルの開発を目指し,波の連なりと長周期波の関係を調べるために現地観測を実施した.また,既存の長周期波発生の理論の妥当性を検証した.
 現地観測は,波崎海洋研究施設とその一直線上沖合いの10点で1レコード2時間の同時観測を1989年2月25日から3月1日と10月5日から10月9日の2回行った.
 本研究で得られた主要な結論は以下のとおりである.
1)波の連なりを砕波帯内外を通じて解析できるスプライン補間を用いた解析方法を提案した.
2)時化時に,波の連なり周期は砕波の過程で短くなり,長周期波の波高は砕波点付近で急激に大きくなる.
3)沖波の諸元から砕波帯内の長周期波の波高の概略値を求める経験的関係を得た.
4)Symonds らの理論解を現地に適用し,一様勾配の過程のもとでも適用可能であることがわかった.
全文 vol030-no01-04.pdf(PDF/1.6MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る