多方向不規則波を用いた波浪変形模型実験

発行年月 1991年3月 港湾空港技術研究所 報告 030-01-03
執筆者 高山知司,池田直太,小杉宜史
所属 水工部 波浪研究室
要旨 釜石湾湾口北部の海底地形を実験水槽内に1/100で再現し,サーペント型造波装置を用いて波浪変形実験を行った.実験では,一方向不規則波とS壱衣因=25の多方向不規則波を造波して,両者の波浪変形特性の相違を調べた.実験結果によると,砕波帯のサーフビートに関しては,多方向波よりも一方向波の方が強く現れた.また,屈折によって平均波高が変化するときには,多方向波と一方向波の間には大きな差が生じなかったが,回折によって平均波高が変化する場合には,多方向の波のほうが変化が大きかった.波高の変化に関しては,一様勾配斜面のように比較的単純な地形においては,多方向波と一方向波で差が生じなかったが,独立した浅滴の背後では,一方向波のほうが大きく,その周囲では,多方向波のほうが大きな波高になった.
全文 vol030-no01-03.pdf(PDF/4.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る