砕波および反射を考慮した波浪変形計算

発行年月 1991年3月 港湾空港技術研究所 報告 030-01-02
執筆者 高山知司,池田直太,平石哲也
所属 水工部 波浪研究室
要旨 平面地形に対する波浪変形計算や砕波による不規則波の波浪変形計算に関して従来の研究を概括するとともに,新たに砕波や反射波の効果を導入した波浪変形計算法を提案した.波浪変形計算の基礎式としてはエネルギー平衡方程式を採用した.エネルギー平衡方程式では波の回折効果が厳密には考慮されていないので,多方向不規則波における波の回折効果について検討した.本波浪変形計算法の推定精度についても,2次元断面の不規則波の変形計算や球面浅瀬に関する多方向不規則波の変形実験,現地地形に対する波浪変形模型実験との比較を行い,実用上十分な精度を有することを確認した.現地での適用性を調べるために,現地波浪観測との比較や実際の港湾内の波浪変形計算を行った.その結果,本計算法は港内の波高に関しても概略の値を求めるのに十分活用できることがわかった.
全文 vol030-no01-02.pdf(PDF/3.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る