遠地津波の外洋伝播計算

発行年月 1991年3月 港湾空港技術研究所 報告 030-01-01
執筆者 後藤智明
所属 水工部 海洋エネルギー利用研究室
要旨  日本沿岸に被災をもたらした遠地津波に1960年のチリ津波がある.この津波より被った災害は死傷者が1,000名以上であり,北海道から九州に至る太平洋岸一帯で家屋,耕地,港湾および船舶などに大きな被害を被っている.
 一般に,津波の現象のスケールが沿岸地形と同じ程度の大きさであり,沿岸海域によりそれぞれ特性が大きく異なるのが通常である.このような理由により津波防災対策には数値シミュレーションが利用されている.遠地津波の数値計算は,伝播距離が長いため,近地津波に比べ波数分散性が無視することができなく,また数値計算上の誤差の累積に注意する必要がある.このような遠地津波の伝播計算に関して支配方程式の各項のオーダー比較と計算誤差解析などによる若干の検討を行った結果,数値シミュレーションを所要の精度で行うための条件に関する知見が得られたので報告する.
全文 vol030-no01-01.pdf(PDF/1.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る