ハイブリッドパラメータ法による波浪推算モデル(第1報)-東京湾における検討-

発行年月 1990年12月 港湾空港技術研究所 報告 029-04-04
執筆者 永井紀彦,後藤智明,小舟浩治
所属 海洋水理部 主任研究官
要旨  大阪湾における気象・海象観測データをもとにして著者らが開発したパラメータ法による短フェッチ海域波浪推算モデルを,東京湾における現地観測データを用いて検証し,その妥当性を確認することができた.
 補正された観測風と観測有義波高を比較検討した結果,無次元波高と無次元周期の間には3/2乗則が精度よく成立すること,無次元フェッチと無次元エネルギーの間には,大阪湾のデータから得られた関係式がやはり成立すること,減衰後期を除き,発達期,最盛期,減衰初期中期を通じて周波数スペクトルはJONSWAPスペクトルで精度よく相似されること,なとが明らかになった.
 以上の検討結果をふまえて,パラメータ法およびハイブリッジパラメータ法による波浪推算を5擾乱に関して実施した結果,従来の有義波法やスペクトル法による推算結果と比較して,より精度が高い結果が得られることが確認された.
全文 vol029-no04-04.pdf(PDF/2.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る