サイクリックモビリティーのモデルのパラメータの同定

発行年月 1990年12月 港湾空港技術研究所 報告 029-04-03
執筆者 井合進,松永康男,亀岡知弘
所属 構造部 地盤震動研究室
要旨  本研究では,同著者によるひずみ空間における塑性論に基づくサイクリックモビリティーのモデルの枠組みの中で,排水状態での土の繰り返しせん断における覆歴減衰を忠実にモデル化するための方法を提案した.モデルの枠組みは,実際の土のせん断挙動を複数の一次元的かつ仮想的な単純せん断の機構に分解するものである.提案モデルでは,繰り返しせん断における仮想的な単純せん断の機構が4つのパラメータで規定されるが,これらのパラメータは繰り返しせん断において実際に測定し得る土のパラメータにより決定される.
 本モデルでは,さらに,サイクリックモビリティーを表現するための塑性的な累積体積ひずみを規定するため5つのパラメータ用いられているが,これらのパラメータの決定方法も示した.土質動力学及び地震工学においては,非排水条件での繰り返しせん断試験が実施されることが一般であることを考慮し,これらのパラメータを非排水条件での繰り返しせん断試験の結果から決定する方法を示している.
全文 vol029-no04-03.pdf(PDF/1.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る