ひずみ空間における塑性論に基づくサイクリックモビリティーのモデル

発行年月 1990年12月 港湾空港技術研究所 報告 029-04-02
執筆者 井合進,松永康男,亀岡知弘
所属 構造部 地盤震動研究室
要旨  本研究で提案したモデルはマルチメカニズム的な塑性論によるものである.その特徴は,マルチメカニズムの概念を,ひずみ空間で定義された塑性論の枠組みの中でうまく利用して,砂の複雑な力学的機構を複数の一次元的な機構に分解する点にある.これにより,増分型の構成式のみならずこれを積分した形の構成式が得られる.特に,非排水状態での有効応力経路は,液状化フロントという概念を用いてモデル化される.ここに,液状化フロントとは,有効応力空間において定義された一種の包絡線であり,これがサイクリックモビリティーの進行に従って徐々に降伏線に近づくものとしている.
 サイクリニックモビリティーの数値解析においては有効応力経路が破壊線に近づくにつれて数値解析上の困難が発生することが知られている.本研究では,サイクリックモビリティーの振興に従って徐々にひずみのスケールを拡大する方法を導入することにより数値解析的な安定性を高めた方法を提案した.
全文 vol029-no04-02.pdf(PDF/1.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る