海底地盤の剛性率に関する現地および室内実験

発行年月 1990年12月 港湾空港技術研究所 報告 029-04-01
執筆者 M.Badiey,善功企,山﨑浩之,鈴木英男
所属 土質部 動土質研究室
要旨 海底地盤の剛性率を測定するための現地試験および室内試験を川崎港において実施した.現地試験では,最近開発されたボトム・シェアモジェラス・プロファイラー(BSMP)を用いて沖積粘土および緩い砂層の剛性率を調べた.また,BSMPの結果と比較する目的で,ダウンホール法および標準貫入試験から剛性率を求めた.さらに,乱さない試料について,一軸圧縮試験,繰り返し三軸試験を行い,原地盤の剛性率を推定した.本文では,上記の5種類の方法から得られる剛性率を比較することにより,BSMPの適用性について検討している.軟弱な沖積粘土および緩い砂層にBSMPを適用して求められた剛性率は,特に,地盤の浅い部分において,ダウンホール法および標準貫入試験により求まる剛性率とよく一致した.
全文 vol029-no04-01.pdf(PDF/1.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る