海水を練り混ぜ水とした海洋コンクリートの耐久性に関する研究

発行年月 1990年9月 港湾空港技術研究所 報告 029-03-03
執筆者 福手勤,山本邦夫,浜田秀則
所属 構造部 材料研究室
要旨  本研究は,長期にわたって海水の作用を受ける鉄筋コンクリートにおいて,練り混ぜ水として海水を使用することがコンクリート中の鉄筋の腐食に及ぼす影響について把握することを目的として,海洋環境下にコンクリート供試体を20年間暴露し,種々の評価試験を行ったものである.
 検討の結果,材令20年程度の長期材令となると,練り混ぜ水として海水を使用したコンクリートの強度特性,鉄筋の腐食,およびコンクリート中の塩化物イオン量は,水道水を練り混ぜ水として使用したコンクリートのものとほとんど変わらないことが確認された.
 したがって,長期にわたって海水の作用を受ける鉄筋コンクリートにおいては,練り混ぜ水として海水を使用しても長期的な耐久性に及ぼす影響は小さいと判断された.
全文 vol029-no03-03.pdf(PDF/2.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る