ベイズ型モデルを用いた海洋波浪の非線型核関数の数値的推定

発行年月 1990年9月 港湾空港技術研究所 報告 029-03-02
執筆者 橋本典明
所属 海洋水理部 海象調査研究室
要旨  海面を伝わる不規則な波浪は,第1近似として線型理論により記述される.しかしながら,実際には非線型の性質もあり,特に浅海域においてはこれを無視することはできない.
 本報告では不規則波浪の非線型性を直接表示し得る解析法を開発する第1段階として,線型成分波相互間の2次の干渉の度合いを示す量を特に非線型核関数と称し,観測されたパワースペクトルおよびバイスペクトルからベイズ型モデルを用いて非線型核関数を推定する方法,及びパワースペクトルに含まれる線型成分と2次の非線型成分を分離する方法について報告している.本方法の推定精度や適用性,有効性は数値シミュレーションにより確かめられている.また,現地観測データを用いた解析結果によれば,本方法は現地波浪の非線型の特製を把握するのに有用であることが示されている.
全文 vol029-no03-02.pdf(PDF/2.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る