ケーソンに作用する地震時土圧に関する模型振動実験とその解析

発行年月 1990年6月 港湾空港技術研究所 報告 029-02-07
執筆者 風間基樹,稲富隆昌,大塚幸治
所属 構造部 構造振動研究室
要旨 本論文は,ケーソン・地盤系の模型振動実験によって検討した地震時土圧を報告したものである.実験結果から動的土圧の振動数依存性,動的土圧のケーソン慣性力に対する位相差,ケーソン質量の動的土圧に及ぼす影響,動的土圧の深さ方向分布など,動的土圧の特性を明らかにした.また,実験結果と物部・岡部式を比較し,同式の問題点およびその適用性について考察した.最後に,剛体地盤ばねモデルを用いて,実験結果を解析し,解析手法の妥当性を検証した.
全文 vol029-no02-07.pdf(PDF/2.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る