曲げおよびせん断を受けるハイブリッドはりの耐力特性

発行年月 1990年6月 港湾空港技術研究所 報告 029-02-06
執筆者 横田弘,清宮理
所属 構造部 構造強度研究室
要旨 コンクリート鋼板によるハイブリッド部材を港湾施設に用いることが検討されている.採用にあたっては,ハイブリッド部材の力学性状を把握して設計法を整備する必要がある.本報告ではオープンサンドイッチおよびサンドイッチ構造部材を対象に幾つかの構造型式を選定して静的載荷試験をを行ない曲げおよびせん断耐力,ひびわれ性状などを把握した.今回選定した構造形式では通常の鉄筋コンクリートはりより力学性状が劣らず十分現地で採用できることが判明した.またハイブリッド部材の構造設計法を今回提案し,載荷試験により検証を行なった.この結果,鉄筋コンクリートはりと同様な設計手法をハイブリッド部材に適用できることが判明した.しかし鋼板の座屈,ひびわれ幅の算定,はりの有効高さの設定など注意を払う必要があることが判明した.
全文 vol029-no02-06.pdf(PDF/1.6MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る