低置換率SCP工法により改良された粘性土地盤の支持力

発行年月 1990年6月 港湾空港技術研究所 報告 029-02-05
執筆者 寺師昌明,北詰昌樹
所属 土質部 地盤改良研究室
要旨  本研究は,サンドコンパクションパイル工法で形成される複合地盤の支持力を,応力の相似則を満足する遠心模型実験手法によって実験的に検討するものであるが,別途に実施した現地実証試験結果も併せて吟味した.
 複合地盤の挙動に影響する各種の要因が支持力に影響する度合いを遠心模型実験で解明できた.また,遠心模型実験結果と現地実証試験結果は整合するものであった.併せて実施した弾粘塑性FEM計算は,降伏に至る荷重沈下曲線を実用上十分な精度で追跡しその実用性は実証されたが,地中の水平変位の再現にはまだ問題があり今後さらに検討が必要である.複合地盤のせん断強度を砂杭と杭間粘土の強度の面積平均で表現し,円形すべり計算をおこなう実用的な安定計算は遠心実験結果と現地試験結果をよく説明できた.
全文 vol029-no02-05.pdf(PDF/2.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る