事前混合処理工法による処理土の強度・変形特性

発行年月 1990年6月 港湾空港技術研究所 報告 029-02-04
執筆者 善功企,山﨑浩之,佐藤泰
所属 土質部 動土質研究室
要旨 本研究は,砂質土に少量のセメントを混合して得られる処理土を用いて埋立てを行い,液状化しない地盤を造成するいわゆる事前混合処理工法の開発研究の一環として行われたものである.秋田外港砂および六甲産まき土に5.5%~12%のセメントを混合した処理土の静的強度・変形特性が,一軸圧縮試験および三軸圧縮試験により詳細に調べられている.得られた主要な結論は以下のとおりである.(1)セメントの添加・混合により,処理土には粘着力が付加されるが,粘着力の大きさは,セメント添加率,処理土の密度,母材の種類に依存する.(2)処理土のせん断抵抗角は,未処理土のせん断抵抗角とほぼ等しいかもしくは数度程度大きくなる.(3)処理土はややぜい性が高くなり,破壊ひずみも未処理土に比較して小さくなる.(4)処理地盤の静的設計では,圧密排水試験による強度定数が適用できる.
全文 vol029-no02-04.pdf(PDF/2.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る