粘性土の水平方向圧密係数の決定法

発行年月 1990年6月 港湾空港技術研究所 報告 029-02-03
執筆者 小林正樹,水上純一,土田孝
所属 土質部 土性研究室
要旨  軟弱地盤に対してバーチカルドレーン工法を用いて地盤改良を行う場合,適切な沈下管理をするためには,粘土の水平方向圧密係数を求める必要がある.しかし,室内での水平方向圧密試験から得られる水平方向圧密係数chを用いると,圧密速度を過大に評価してしまうとされている.
 本報告では,従来の試験法,試験結果の整理法がもつ問題点を明かにし,改良を加えた水平方向圧密試験装置を用いて,不撹乱沖積粘性土に対して水平方向圧密試験を実施した.ドレーン打設時の撹乱も考慮した試験も行った.試験結果に対してFEMを用いた数値解析による検討を加えた.その結果,沖積粘性土の水平方向圧密係数chは鉛直方向圧密係数cvの2倍程度であるとの結論を得た.また,圧密係数に及ぼす撹乱の影響は撹乱帯の範囲に依存し,水平方向圧密係数は地盤改良前のほぼ2分の1から3分の2に低下することがかった.
全文 vol029-no02-03.pdf(PDF/1.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る