斜め入射波による混成堤マウンド被覆材の安定性に関する実験的研究

発行年月 1990年6月 港湾空港技術研究所 報告 029-02-01
執筆者 高橋重雄,木村克俊,谷本勝利
所属 水工部 耐波研究室
要旨  斜め入射波に対する混成堤マウンド被覆材の必要重量については標準的な算定法が定まっておらず,設計上の技術課題のひとつとされている.本報告ではまず,マウンド被覆材の安定重量がマウンド近傍での流速の6乗に比例することに着目して,被覆材の安定重量に関する一般式を導いた.そして,斜め入射波によって生ずる流速に基づいて安定重量を算定する方法を提案した.堤幹部での斜め入射波に対しては発生流速を微小振幅波理論により定式化し,堤頭部については数値波動解析法による計算結果に基づいて定式化した.
 次に平面模型実験を実施して,斜め入射波によって堤幹部および堤頭部のマウンド近傑で生ずる流れの特性を明らかにし完成化の妥当性を検討した.さらに,波向き3種類,マウンド被覆材の重量を4種類に変化させて安定実験を行い,提案した安定重量算定方法の妥当性を確認した.
全文 vol029-no02-01.pdf(PDF/2.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る