消波ブロック被覆堤直立部の滑動安定性に対する波力とブロック荷重

発行年月 1990年3月 港湾空港技術研究所 報告 029-01-02
執筆者 高橋重雄,谷本勝利,下迫健一郎
所属 水工部 耐波研究室
要旨  消波ブロックの被覆堤の直立部に作用する透過波力とブロック荷重の特性を,水理模型実験により明らかにするとともに,滑動安定性に関する検討を行った.
 消波ブロックによる波力の低減効果は,波高が大きいほど顕著であり,波高が小さいとあまり減少しない.
 静水時のブロック荷重は,設置直後は小さく,波が作用するにつれて大きくなるが,最終的に安定となる値は,作用した波の大きさやケーソンの重量によって変わる.波の作用時には浮力の増加やケーソンの変位により,ブロック荷重は静水時に比べて減少する.
 滑動安定性の検討においてはブロック荷重は無視でき,合田式による波力のみを考慮すればよい.波力低減係数λは通常の条件では0.8を用いてよい.ただし,波高が小さいときはλの値はやや大きくなる.また,施工直後でブロックが締まっていない場合には,波作用時のブロック荷重の減少量が小さく,ケーソンが滑動しやすい.
全文 vol029-no01-02.pdf(PDF/1.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る