腐食鋼矢板の補修工の耐力特性

発行年月 1989年9月 港湾空港技術研究所 報告 028-03-05
執筆者 清宮理,野口孝俊,横田弘
所属 構造部 構造強度研究室
要旨  海洋環境下に長時間置かれた岸壁などの施設に用いられている鋼矢板では,腐食が著しく進行して補修を施す必要性に迫られている場合がある.腐食している箇所を鉄筋コンクリ-トで被覆したり,あるいは鋼材を添接して失われた耐力を回復する方法が対策として採用されている.この対策工の技術的な課題に,地震力,上載荷重などの外力を受ける際の合成部材としての力学特性の把握と設計法の整備とがある.この課題を解決するため,鉄筋コンクリ-トで被覆したり,鋼材を添接した鋼矢板の曲げ載荷試験を実施した.載荷試験により合成部材の破壊に至るまでの過程を調べ,外力に対する補修工の抵抗機構を把握した.今回選定した補修工は,鋼矢板と補修材の合成が満足されるならば,現在提案されている設計法で計算される耐力を確保できる.
 しかし,合成の仕方によって終局耐力,破壊形式,じん性,継手効率などが異なるので補修工の選定にあたっては注意が必要である.
全文 vol028-no03-05.pdf(PDF/3.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る