共振集波効果を応用した直立消波ケーソンの原理と水理特性

発行年月 1989年9月 港湾空港技術研究所 報告 028-03-01
執筆者 高橋重雄,木村克俊,田中智
所属 水工部 耐波研究室
要旨  防波堤の平面形状に着目して,部分消波ケ-ソンという直立消波ケ-ソンの新しい構造形式を考案した.これは消波部を防波堤の法線方向に部分的に前面から後退させて配置するものである.この方式は,平面的な凹部での波浪の共振によって波のエネルギ-を平面的に集め消波するものであり,消波性能が向上する.ここではこれを共振集波効果と呼ぶ.
 本報告では,まず数値波動解析法による計算を行って,ケ-ソン各部の諸元が共振集波効果に及ぼす影響を検討した.さらに,不規則波による反射実験を行ってその効果を確認し,部分消波ケ-ソンが従来型の直立消波ケ-ソンを上回る消波特性を有することを示した.また,波力および滑動安定性に関する実験を行い,部分消波ケ-ソンが従来型の直立消波ケーソンに比べて耐波安定性が高いことも示した.また,部分消波ケーソンに働く波力算定法についての基本的な考え方を明らかにした.
全文 vol028-no03-01.pdf(PDF/2.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る