航空機荷重作用下における空港埋設管の挙動

発行年月 1989年3月 港湾空港技術研究所 報告 028-01-03
執筆者 深海正彦,佐藤勝久,小林正樹
所属 土質部 滑走路研究室
要旨  従来,空港舗装下に埋設される管きょは鉄筋コンクリート管等の剛性管が大半を占めていたが,その施工性や耐腐食性に若干の問題があり,それらを解決する一方策としてプラスチック素材からなる強化プラスチック複合管(FRPM管)の使用が考えられた.しかし当該管きょは撓み性管であり,空港埋設管として用いた場合の挙動やその設計法には不明確な点が多い.
 本研究は,実規模試験を実施することにより,航空機荷重作用下におけるFRPM管の挙動を把握するとともに,試験結果および有限要素解析結果に基づき,管に発生するモーメントおよび管変形量の算定法を提示したものである.
全文 vol028-no01-03.pdf(PDF/2.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る