円形回転水路による底泥の巻き上がりと沈降に関する実験的研究

発行年月 1989年3月 港湾空港技術研究所 報告 028-01-02
執筆者 村上和男,菅沼史典,佐々木均
所属 海洋水理部 海域環境研究室
要旨  航路やトレンチの埋没の原因となるシルト・粘土など粘着性微細土砂の挙動は,砂質土とはかなり異なる.本研究ではせん断流中での巻き上がり・沈降特性を円形回転水路を用いて検討した.
 通常シミュレーションで用いられる巻き上がりフラックスモデルのパラメータは,巻き上がり実験で求める必要がある.本報告では回転粘度計で容易に求められる底泥の粘度や降伏値などのレオロジー特性から,巻き上がり実験によらず巻き上がりフラックスを求める大坪の手法を,若干修正・拡張して検討した.
 また沈降に関してより高精度な濃度予測を目的として浮遊泥の粒度分布を考慮した沈降のモデル化を試み,実験データとの比較検討を実施した.堆積量の予測だけでなく水質問題としてとらえた場合には,こうしたアプローチによりSSを精度よく推定・予測できる手法を開発することが重要である.
全文 DOC4801_1989030280102.pdf(PDF/2.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る