波による汀線付近の水位上昇量-波崎海洋研究施設における現地観測-

発行年月 1989年3月 港湾空港技術研究所 報告 028-01-01
執筆者 加藤一正,柳嶋慎一,磯上知良,村上裕幸
所属 水工部 漂砂研究室
要旨  波崎海洋研究施設(HORF)において,汀線付近の水位,風向・風速,大気圧を約1年間測定した.測定した風向・風速・大気圧および鹿島港で観測された沖波と,水位上昇量との関係を検討した.広範囲な気象・海象条件のもとでの観測データを用い,重回帰分析により,汀線付近における水位上昇量を求める回帰式を得た.水位上昇量への各要因の寄与は,波による水位上昇量が最も大きく,気圧低下,風の吹き寄せの効果は少ない.波による水位上昇量について,合田の理論と実測とを比較したところ,両者はよく一致した.
 また,上記要因以外に,水位上昇の時間遅れ,海流,inner barの規模,調査地点の相対位置の変化,波の周期等が量は少ないものの,水位上昇量に影響を与えていることを示した.
全文 vol028-no01-01.pdf(PDF/2.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る