生石灰杭工法によって改良された地盤の特性

発行年月 1988年12月 港湾空港技術研究所 報告 027-04-05
執筆者 田中洋行,戸引勲
所属 土質部 地盤調査研究室
要旨  生石灰杭工法は生石灰の化学的反応を利用して地盤の含水比を低下させ強度の増加をはかる軟弱地盤対策工法である.東京国際空港沖合展開工事(第一期)の土留工事において生石灰工法が使われた.本報告はこの工事で行われた調査結果をもとに当工法によって改良された地盤の特性を明らかにしたものである.
 主要な結論は以下の通りである.
(1)含水比の低下を推定する従来の方式では石灰杭の膨張率を用いているが,より基本的な値である消化後の石灰の比重を使ったほうが調査結果をうまく説明できる.
(2)含水比の低下を圧密圧力の増加に置き換えて強度増加を求める現在の設計方法は有効であるが,石灰杭の急激な膨張のために地盤が乱れるため,この影響を考慮した安全性が
必要となる.
全文 vol027-no04-05.pdf(PDF/1.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る