数値シミュレーションによる不同沈下の予測とその空港舗装設計への適用

発行年月 1988年12月 港湾空港技術研究所 報告 027-04-04
執筆者 土田孝,小野憲治
所属 土質部 主任研究官
要旨 土質定数の不均一性を考慮して不同沈下量を推定するシミュレーションプログラムを改良し,新たに地盤定数の水平方向自己相関,三次元圧密の効果を考慮できるプログラムFUTO88を開発した.いくつかの事例を解析した結果からFUTO88によるシミュレーション結果は観測された不同沈下の統計的性質とよく一致することを確認した.代表的な沖積地盤を対象にしたシミュレーション結果から,わが国の代表的な埋立地において不同沈下を予測するための簡単なチャートを作成した.さらに,空港舗装におよぼす不同沈下の影響を舗装構造に与える破損と舗装表面の勾配の変状に分け,FUTO88によるシミュレーション結果を用いて将来発生する不同沈下によって必要になる空港舗装の補修の頻度を推定する方法を提案した.推定された補修頻度から舗装構造のライフコストを算定するならば,不同沈下は生じる地盤での合理的な舗装構造の選定が可能になる.
全文 vol027-no04-04.pdf(PDF/4.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る