津波防波堤開口部潜堤の安定性に関する実験的研究

発行年月 1988年12月 港湾空港技術研究所 報告 027-04-03
執筆者 谷本勝利,木村克俊,宮崎啓司
所属 水工部 水工部長
要旨  津波防波堤の開口部は,津波時には著しい狭窄部となり強い流れの発生が予測される.開口部に設置される潜堤のマウンドおよび頂部ケーソンは,こうした流れに対する安定性を確保する必要がある.本研究では,現在建設が進められている釜石港湾口津波防波堤を主たる対象として,開口部潜堤の安定性に関する検討を行った.
 水理模型実験は縮尺1/50とし,津波を想定した周期流と定常流を用いて実施した.本報告では津波が来襲してきた場合の開口部近傍での流れの特性を示した上で,潜堤マウンド被覆材と頂部ケーソンの安定性に関する検討を行った.その結果,マウンド被覆材については被覆が必要になる範囲を明らかにするとともに,必要重量の算定法を示した.一方,頂部ケーソンについては,設計で用いる杭力および揚力係数を示した.さらに,ケーソン重量を調整して滑動実験を行い,これらの係数の妥当性を確認した.
全文 DOC4996_1988120270403.pdf(PDF/1.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る