広天端幅潜堤による波浪変形と護岸越波流量の低減効果

発行年月 1988年12月 港湾空港技術研究所 報告 027-04-02
執筆者 高山知司,池田直太
所属 水工部 波浪研究室
要旨  広天端幅潜堤を設置すると,波は潜堤上で砕波し,波高を大きく低減させて背後に伝達する.伝達した波は波高をほとんど変化させることなく伝播し,水深の浅い地点に達すると,再砕波しめ,波高を低下させる.再砕波による波高減少は,一様勾配斜面に対する合田の算定式によって推定できる.潜堤による伝達波高および水位上昇量に関して,実験結果に基づく経験式を求めた.潜堤を設置することによって,潜堤背後の長周期水面変動は小さくなることがわかった.
 潜堤設置による護岸越波流量の低減効果は護岸設置水深によって変化し,護岸が潜堤伝達波高より浅い地点に設置にされていると,ほとんどその効果は現われない.潜堤背後の波高および水位上昇量の変化特性を考慮して,潜堤背後の護岸越波流量の算定方法を提案した.
全文 vol027-no04-02.pdf(PDF/2.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る