現地観測における水圧波形から表面波への換算手法について

発行年月 1988年9月 港湾空港技術研究所 報告 027-03-03
執筆者 小舟浩治,合田良実,成田明,佐々木弘,森田行司
所属 海洋水理部 海象調査研究室
要旨  現地波浪観測機器として最も広く用いられている超音波式波高計は,荒天時に波が砕けるようになると,正常な波形記録が取得できなくなるという難点を持っている.本研究は,こうした難点を補う手段として水圧センサーによる圧力変動の同時観測を行った場合,どのような処理方法が適切であるかを検討したものである.
 水圧波形記録から表面波形記録の代表値(有義波など)を推定する手段として(1)水圧波形の有義値に換算係数を乗じる従来の方法,(2)線型回帰式を用いて表面波形を推定する方法,の2つの方法を取り上げ,那覇港および常陸那珂港における高波記録を実際に解析することにより,これらのデータ処理方法の妥当性を検討している.
 観測データを解析した結果,従来の方法に比べ線型回帰式を用いた変換手法の方が,現地用波浪データ処理法としては有効な手法であることが明らかとなった.
全文 vol027-no03-03.pdf(PDF/1.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る