CFRPロッドを緊張材としたアンボンドPC梁の曲げ性状

発行年月 1988年6月 港湾空港技術研究所 報告 027-02-08
執筆者 大即信明,山本邦夫,浜田秀則
所属 構造部 材料施工研究室
要旨  CFRPロッドは,海洋環境下においてもまったく腐食せず,また従来のPC鋼棒と比較して,同時の引張強度を有し,かつリラクセーションもそれほど大きくないことから,PC港湾構造物の新しい緊張材として,有望な素材である.このCFRPロッドを緊張材としたPC部材は,緊張材の腐食に対する配慮がいらないため,アンボンド工法とすることが可能である.
 本研究はCFRPロッドを緊張材としたアンボンドPC一体梁およびブロック梁の曲げ性状を把握すること,長期の有効プレストレスの安定性を把握することを目的として,これらのPC梁の曲げ破壊試験を行ったものである.
 また,アンボンドPC梁の解析に際して,既存の断面耐力算定手法を改良した解析手法を提案し,その手法の妥当性についても検討した.
全文 vol027-no02-08.pdf(PDF/2.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る