剛基礎上の重力式係船岸の地震時滑動量推定手法の実験的研究

発行年月 1988年6月 港湾空港技術研究所 報告 027-02-07
執筆者 上部達生,守屋正平,工藤勝己
所属 構造部 地震防災研究室
要旨 重力式係船岸の地震時滑動変位量の推定手法を検討するために,振動箱内の床上に砂で裏込めしたケーソン模型を設置し,水がある場合とない場合について振動実験を実施した.実験結果によれば,ケーソン模型に作用する振動時の土圧合力の測定値は,入力最大加速度の増加とともに増大するが,ケーソン模型の滑動開始とともに減少し,滑動中はほぼ一定値を示した.滑動開始時の土圧係数は,静止土圧係数に,物部・岡部の地震時主働土圧係数とCoulombの主働土圧係数の差を加えた値にほぼ一致した.滑動時の土圧係数は物部・岡部の地震時主働土圧係数よりやや小さい値を示した.実験結果を踏まえて二種類の地震時滑動変位量の推定手法(剛体滑動モデルと有限要素モデル)を検討した.この二種類の推定手法による滑動変位量の計算値は,水のない第1回目の滑動にういては測定値とほぼ一致した.水のある場合の滑動変位量の計算値は測定値よりやや大きい値を示した.
全文 vol027-no02-07.pdf(PDF/1.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る